永田町区【小林市】

 

区からのお知らせ

永田町区の歴史と名称の由来

 明治22年4月村制施行で2町7ケ村の合併で小林村が誕生。6月に13区。大正元年の町制施行で15区、昭和13年に19区となる。大正11年9月永田平公園の完成に伴い翌年、東旭通りから永田平公園入り口まで道路が造られ、更に翌年、3間道路に改修され本町区の池ノ原地区(現永田町区)は永田平公園通りが開通してから鉄道南側に製材所・瓦工場・荷馬車団地など急激に発展し家が密集したので、本町区から分区して永田町区が新設された。
 区のシンボルである永田平公園の永田を取って永田町区となったと思われる。尚、池ノ原の由来は沼地と草原が多かった所で、現在は字名として池ノ原(永田町5丁目交差点)に残っている。
 区の目標
元気で明るく、楽しく、助け合い、幸せに暮らせる、安心・安全な町(区)を目指している。
 区の活動
永友会(永・・永田町区、友・・友達)が中心となって、グランドゴルフ、ゲートボール、神社の清掃等、区の行事等に参画している。

 

 

 

 

伝統芸能

馬踊り

馬の被り物を2名(前足・後ろ足)で担当し先導役が前方で手綱を、後方でもう一人が手綱を引き、馬が首と尻尾を振りながら列の先頭で踊ります。後方の手綱を持っている人の後から踊り子連が踊りながら馬の後から続きます。保存会の松田氏によると『馬の鬣と尻尾は本物の馬の毛を使って作っている』とのこと。南小では馬踊りを継続して練習しています。地元の文化を大切にして、継承していく苦労と努力を感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

活動記録

2021 元旦祭

永田平公園から初日の出をおがみ、稲荷神社で本町区・永田町区合同の元旦祭が執り行われた。

 

 

 

2021/01/01 18:22 投稿者:永田町区【小林市】

地域を結ぶ絆(御来光・元旦祭)2020

永田平公園で御来光を拝む。稲荷神社では3区(永田町、上町、本町)合同で 元旦祭が執り行われました。毎年恒例の正月行事が地域を結ぶ絆となっています。 高齢化が進む今日、地域行事は情報交換の場でもあり、一緒にゲームを行って お互いの”元気””まだまだ若い”を確認できる交流の場でもあります。 毎年継続していくことの困難さと大切さを感じた、年初めとなりました。

 

 

 

2020/01/02 17:22 投稿者:永田町区【小林市】
RSS2.0

■永田町区防災協議会組織表兼連絡網

永田町防災倉庫

永田町区運動場に設置している防災倉庫には、区の防災拠点運営用の机・椅子や懐中電灯などを準備しています

 

 

  永田町区防災資機材倉庫       

 

グループ参加

永田町区【小林市】 さん

e防災マップ

永田町区防災マップ
作成 2022/06/18 11:35:22 : 更新 2022/09/06 10:13:39

アクセスカウンター

合計:828
今日:1
今週:17
今月:40