片瀬地区生活環境協議会

地域の環境美化を向上し、マナー意識の啓発に取り組んでいます。

プロフィール

団体概要
 片瀬地区生活環境協議会はS52年に発足しました。S40年代は都市化と工場排水などによる川の汚染を危惧する「市民の会」が市内各地に生まれました。  観光地片瀬地区では蚊や蠅などの衛生対策も合わせ、河川をきれいに、住まいの環境を良くする会として、関係団体の協力を得て活動してきました。  現在協議会は、26自治会の環境部長、関係団体代表(片瀬小・中PTA、老人会、子供会、江の島片瀬漁協、地区内商店会、江の島振興連絡協議会、江の島海水浴場協同組合、江の島海水浴場営業組合)その他の協力者で構成されています。  協議会の活動として、海岸クリーンキャンペーン、海水浴客へ向けてのポイ捨て防止呼びかけ、幼児対象の境川魚の放流事業等は、観光地江の島と境川河口に住む私達の川や海を守る啓発活動として、関係団体の経済的支援も頂いて長年続けられてきました。  そのほか会員研修として市内環境施設見学と交流、地域共同事業として防犯協会・青少協との合同パトロールやふれあいまつりの花屋出店のほか、藤沢市主催の一日清掃デー、海岸ゴミゼロや市民大会への運営協力も行っています。  また、地球温暖化防止活動の一環として、県の宣言に基づき、片瀬・鵠沼地区をモデル地域として「藤沢市レジ袋削減推進モデル地域協議会」が発足しました。当会も協議会の一員として、マイバッグ持参の推奨とレジ袋辞退を呼びかける啓発運動を実施していきます。皆様の御協力をよろしくお願いします。

ブログ

平成29年度第2回落書き消しを実施しました

11月20日(月)に、今年度2回目の落書き消しを行いました。今回は片瀬東浜にある小規模な落書きやステッカーはがしを行いました。

 

ステッカーは小さいものでも、強力に貼りついていると、1枚はがすだけで30分近くかかることもあります。貼ることは5秒でできますが、はがすには非常な労力がかかります。

 

小さいものでも見逃さずに排除していくことで、落書きやステッカーを貼りづらい環境を作っていくことができます。